江原道

  1. 市·道情報
  2. 江原道
print

江原道

江原道知事 崔文洵(チェ・ムンスン)
主要経歴
  • ソウル大学大学院卒業
  • 第36代江原道知事
  • 第18代国会議員

シンボル

全体的に、豊かで躍動感があり、発展していく江原道を象徴。各色には 江原道を象徴する意味が込められている(道民和合、道のイメ-ジを象徴)
- 青色 青色の意味は安定した心の大地を意味
- 緑色 は美しく豊かな江原道の自然環境を象徴
- 黄色 は悠久な歴史的文化環境を象徴し、安定した四角形で自然と文化の調和を表現
- 白色 の木の葉模様は新しい跳躍を約束する道民の心が現れている

象徴物紹介

  • 五葉松
    五葉松
    道内に自生する木で、冷寒な地方でもよく育つ収益性の高い常緑樹で、実の採取や建築木 材として用いるために多く造林されています。
  • クロフネツツジ
    クロフネツツジ
    「愛の喜び」という花言葉を持つクロフネツツジは、毎年5月になると江原道の山地を桃色 に染めて、大自然の美しさを一層引き立ててくれます。
  • 鶴
    十長生の一つとして品位を象徴、主に鉄原地域に棲息し、南北江原道を自由に往き来する 平和の象徴。?聖さ、孤高さは道の清浄なイメ-ジと道民の淸らかな心性と一致する。
  • ツキノワグマ
    ツキノワグマ
    光沢ある黒い毛と胸元にある半月?の白い模様がが特徴で、雪岳山、五台山などに棲息し ています。