大田広域市

  1. 市·道情報
  2. 大田広域市
print

大田広域市

大田広域市長 許泰鋌(ホ・テジョン)
主要経歴
  • 高麗大学政策大学院卒業
  • 元大田広域市儒城区長
  • 元大統領秘書室政務首席室・人事首席室行政官

シンボル

市章は大田広域市のイメージを代表し、かつ集約する視覚的表象であり、CIシステムにおいて最も核心となる要素である。緑色の花びらは「田」「基盤」「ムクゲの花びら」等を象徴し、その形は大田の「大」の字と力強く伸びゆく発展のイメージを表す。住みやすく心地よい大田が韓国の国土、交通、行政、科学、文化、流通の中心地として発展するようにという大田市民の夢と理想を表現している。

象徴物紹介

  • 松
    韓民族の哀歓と共に生きてきた木で , その秀麗さは勿論のこと ,常に青々としている 姿と真直な志操は大田の 「ソンビ」 (在野の儒学者)精神とも一脈通ずるものがある。
  • 白木蓮
    ハクモクレン
    市の花は白木蓮で , 花言葉は「友情」である。 白木蓮は晴れやかな春に芽吹く前に美しい 純白の花が咲 く花の女王で, 優雅な格調高い市民精神を象徴している。
  • カササギ
    カササギ
    韓国で吉鳥と言われるカササギが , 市の鳥である。“朝 ,カササギが飛んできて鳴くと嬉しい客が訪れる”という話がある。カササギは留鳥で , 美しさと軽快さが感じられる。